映画

食堂にやってくる客は全員殺し屋!!?【映画紹介/ダイナー】

昨日Amazonプライムビデオで見たこちらの作品

ゴリゴリの殺し合いが好みの方にはオススメの作品となっております

原作は平山夢明の小説で、今回の映画化だけでなくヤングジャンプで現在漫画も連載中の人気ぶり

今回はそんなダイナーの見どころをご紹介いたします。

ネタバレなしで映画Dinerダイナーがどんな作品なのかわかりやすく説明していきます!

【映画】DIner ダイナー あらすじ

映像化不可能と言われた衝撃の小説、ついに実写映画化!

ようこそ、殺し屋専用のダイナー<食堂>へ

そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用のダイナー<食堂>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。

「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒まで俺に従う。」

日給30万の怪しいアルバイトに手を出したオオバカナコは、ウェイトレスとして売られてしまう。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる――!

https://wwws.warnerbros.co.jp/diner-movie/about.html#story

食堂でのルール

一.シェフに従うか、死ぬか。

二.殺し屋以外、入店不可。

三.どんな殺し屋でも、平等に扱う。

食堂の店主は元殺し屋の天才シェフ <ボンベロ>

舞台となる食堂の店主は元殺し屋の<ボンベロ(藤原竜也)>

ここが普通の食堂とは違っている点は客が全員殺し屋という点

狂気的な殺し屋ばかりが来店するダイナー(食堂)の店主も元殺し屋で天才シェフである

ダイナーの壁には今まで雇っていた8人のウェイトレスの写真が飾られており、全員が命を亡くしている

信じることをやめた女 <オオバ カナコ>

そんなダイナーに新しくウェイトレスとして雇われた女性が<オオバ カナコ(玉木ティナ)

彼女は幼い頃、母親に置いて行かれそれからは人を信じる事をやめ社会にもうまく馴染めずに自堕落な生活を送っている

ある日街中で見かけたパレードに目を奪われメキシコのとある街に行きたいと思うようになります

お金がなかったカナコはネットでいかにも怪しげな求人に応募します

それがきっかけで裏社会の人間に捕まり殺されそうになりますが、『私には利用価値があります。料理が得意です』と言いなんとか殺されるのを回避しました

そんなカナコが送り込まれた先は殺し屋専門の<ダイナー>

何度も失態を繰り返し店主のボンベロに不要だと判断されたカナコは一億以上の価値があるお酒【ディーバウォッカ】を人質に取ります

その後も狂気的な殺人者ばかりが集まるダイナーでカナコはなんとか殺されないようにと必死にもがきつづけます

普段は穏やかな爆破屋 <スキン>

ダイナーの常連客でありボンベロの古くからの友人である<スキン(窪田正孝)>

彼は爆破を得意とした凄腕の殺し屋の一人

母親が幼い頃に作ってくれた【スフレ】が忘れられず同じ味を作れるボンベロを天才と称します

ですがボンベロは毎回スフレに異物を混入させて完璧なスフレを食べさせないようにします

気の毒に思ったカナコはある日スキンのスフレから異物を取り除きますがそれが思いもよらぬ結果に・・・。

見た目は子供の殺し屋 <キッド>

初めは純粋無垢な子供を装っていますが彼も立派な殺し屋です

<キッド(本郷奏多)>は人の声を真似るのが上手で、見た目も整形を繰り返し子供の姿に扮しています

年齢は不詳で、カナコよりも年上だという事はわかっています

快楽主義者の殺人鬼であるキッドは、カナコを殺そうと考えます

作中屈指のイカレ殺人鬼である事は間違いないです

組織の跡目争いに巻き込まれるカナコ達

連日殺し屋が押し寄せるダイナーで一息つくまもないカナコ

そんな中一つの組織の跡目争いにカナコ達は巻き込まれます

ある日ダイナーを取り仕切っている<コフィ(奥田瑛二)>から店に電話がかかってきます

元々は<デルモニコ>という組織のボスがいたのですが、彼は1年前に何者かによって殺害されました

そこでコフィはデルモニコ一周忌の懇親会で【ディーバウォッカ】を用意してほしいと言います

その懇親会にはコフィ含めた組織の幹部である

<東のマテバ(小栗旬)>

<西のマリア(梅宮アンナ)>

<北のブレイズ(真矢みき)>

の4人の幹部でダイナーで懇親会を行います

懇親会で用意するため【ディーバウォッカ】の場所をカナコに問い詰めるボンベロ

しかし、カナコは誰の言葉も信じない為、今渡したら用済みとなり殺されるのではないかと【ディーバウォッカ】は懇親会当日までは渡さないと言います。

懇親会を迎えた日、跡目争いの話となりダイナーは戦場と化します・・・。

この先は是非映画で

ここまでが大まかなあらすじです

見てわかるようにかなり出演者は豪華です!!

漫画版を読んでいた僕目線ではボンベロとカナコのイメージは違いました。

今更ですが、監督は沢尻エリカ主演の『ヘルタースケルター』の監督である蜷川実花さんです。

映像が彩色豊かで出てくる料理も見た事のないような色合いを醸し出しています

原作を知っている方はところどころ違うストーリーに不満を感じる方もいらっしゃるようですが原作や漫画とはまた違った作品と思えば十分楽しめる作品です

この映画は

  • 手に汗握る命をかけた戦い
  • ド派手なアクションシーン
  • 殺し屋という設定

が好きな人にはピッタリではないでしょうか

Diner(ダイナー)を無料で見る方法 

ダイナーは下記のサイトでトライアル期間を使えば無料で視聴可能です

配信サイト無料期間
Amazonプライムビデオ30日間
Hulu14日間

どちらのサイトも初回は無料トライアル期間があり、作品数も豊富ですので是非この機会にお試ししてみては?

それでは♪