ミニマリスト

【一人暮らし】ソファを手放した事によるメリット、デメリットを考えてみた

先日当ブログでもお話ししましたが不要な家具を思い切って処分しました。

その際に思い切ってソファも処分しましたが、これが思いの外快適で捨てて良かったと改めて実感してます。

実際にソファを捨てて一ヶ月近く生活して感じたメリットとデメリットを今回お伝えします。

この記事でソファを処分しようか悩んでる方に少しでも参考になれば幸いです。

ソファを手放した事によるメリット

まずは個人的に感じた

”ソファを手放した事で手に入ったメリット”

普段の何気ない生活の中で、ソファを手放して良かったなと感じた事を実体験を交えていくつかご紹介いたします。

部屋を広く感じれる

圧倒的に部屋が広く見えます!!

私の所有していたソファはニトリに2人がけのソファでしたが手放してからは部屋の移動が楽に。

というのも部屋の真ん中位置に配置していたので、リビングに移動する時などはソファを避けて移動しないといけなかったのです。

が、今では障害物がなくなったので部屋の移動もスイスイと。

それだけで少しストレスが軽減されます。

掃除が楽になった

ソファの下ってほこりやお菓子のかすなど溜まりやすい場所の一つでもあります。

実際今ソファに座りながらこの記事を読んでいるかたは少し覗いてみてください。

結構汚れが溜まっているはずです

シンプルにソファがないだけで今までわざわざソファを移動させて掃除していた箇所を掃除しなくてすむように

それだけで掃除の手間が省けます。

更に先ほど話したようにソファという障害物がないぶんその付近の掃除も楽になります

一石二鳥

無駄な時間を過ごさなくなった

私は出先から帰ると真っ先にソファに寝転びにいってました。

用はなくてもそれが習慣となっていたのです。

それによって寝転んで無駄な時間を過ごしたり、寝るべき時間ではないのに気づかないうちに寝落ちしてたりと。

個人差はあるかと思いますが、私の場合はソファがある事でダラダラと無駄な時間を過ごす時間が多かったので処分して良かったです。

身軽になれた

実は近々引越しをするのですが、ソファって少なからず大型の家具に当てはまるかと思います。

これがないだけで引越しの難易度が減りますよね。

ソファに限らず必要最低限の家具を手放す事で、より身軽になれるので引越しとか海外移住とかのハードルが下がります。

とはいえデメリットも感じました

個人的には処分をして公開は全くないのですが一つだけ不便に感じた事がありました。

それは

友達を招いた時に座る場所がない

状況にもよると思いますが、私の場合ダイニングテーブルとかも一緒に処分したのでソファもなければフローリングに座る他ありませんでした。

一人暮らしで普段の生活には一切支障はなかったですが、他人を招くとなると少し不便ですね。

よく家にお客さんを招く人であればビーズクッションがあれば便利ですね!

こちらの方のブログ記事で紹介されている3つのお部屋でも、もれなくビーズクッションは配置されていました。

急増中!とうとう『ソファのない暮らし』の時代がやってきた⁈

物を処分すると心がスッキリする

以上、ソファを手放した事によるメリット、デメリットでした

それ以外にもダイニングテーブルや冷蔵庫も処分しましたが、色々な物を処分して今は身も心も軽くなりました。

一度物を処分すると本当に必要な物がわかってくるので物の整理は心の整理にも繋がります。

ソファやダイニングテーブルを処分して一ヶ月以上経ちますが、当分は必要ないだろうなーって感じです。

けど一つだけいうなら

冷蔵庫は要るかも

おわり

メリット

・部屋を広く感じれた

・掃除が楽になった

・無駄な時間を過ごさなくなった

・身軽になれた

デメリット

・来客の座り場所に困る