書評

【書評】手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法 ミニマリストしぶ 感想

最近、読んだこちらの本

月100万PVを誇るTOPブロガー

ミニマリストのしぶさんの本

知らない方の為に『しぶ』さんとは

こういったお方である

・4畳半に住む

・床にそのまま寝る

・月7万円で生活

・冷蔵庫は持たない

・財布は持たない

・「一日一食」で生活する

・60万円以上は貯金しない

などなど、パッと見ると

一風変わった生活スタイルですが、

無駄を削ぎ取った『しぶさん』だからこそ

伝えられるミニマムな生活の魅力

本書から学ぶことができます

本当に必要な物を考えさせられる

こちらの本で定義されるミニマリストとは

カネ・ミニマリズム(お金)

モノ・ミニマリズム(物)

トキ・ミニマリズム(時間)

ヒト・ミニマリズム(人間関係)

コト・ミニマリズム(思考・行動)

この本を読む前のミニマリストの印象は

『所持している物がかなり少ない人』

って印象でしたが物だけに限らず

思考や人間関係、時間まで

自分の生活に無駄だと思う部分を削ぎ落とし

本当に必要な物を強調するのが

ミニマリストなのだと

改めさせられました

○○を持っていないからミニマリスト

○○を持っているからミニマリストじゃない

とかではなく、

自分が本当に必要としていない物を

持たない人がミニマリストなのだと。

しぶさんなりに普段の生活に無駄な”モノ”を

なぜ不要なのか、

手放した時のメリットなど

実体験を基に非常にわかりやすく説明されています

手ぶらで生きる。を読んで実践した事

本書を読んで実際に実践している事がいくつかあります

実践したこと① 服の処分

自分の中で必要最低限の洋服を選び

いつか着るだろうってしまいこんでた

洋服なんかは

ほとんど手放しました

結果、無駄に服を買う癖はなくなりました

実践したこと② 一日一食

これも本書を読んで実践しました

かれこれ初めてから一ヶ月ほど経ちますが

特に辛いと感じる事もなく

今では「一日一食」が当たり前になりつつあります

お金と時間の節約にもなります

実践したこと③ 家具の処分

少し勇気はいりましたが家の家具をほとんど処分しました

主に

  1. 冷蔵庫
  2. テーブル 
  3. ソファ
  4. テレビ

を、処分しました

部屋もスッキリで広く感じるようになりました

手ぶらで生きる。 読書感想

しぶさんは

普段からブログを書いているだけあり

とてもわかりやすく本の構成ができている

本書では『しぶ』さんなりに

あらゆるから開放されて

自由になる為の方法を6章のストーリをもとに

50個の項目で書かれており、

非常に読みやすく

少しでも自由を求めている人には

この本をオススメしたいです。

本書で紹介されている方法を実践していき

徐々にではありますが

”モノ”に縛られないようにはなってきています

また今後も自分の中で必要な”モノ”を考えつつ

不要な物は手っ取り早く

手放していこうかとは

おわり

ミニマリストしぶのブログ

ミニマリストしぶTwitter(@minimalist_sibu)

ミニマリストしぶInstagram(minimalist_sibu)